ありがとう ロン
c0097558_7405965.jpg

大切な大切なわたしたちのロン・・・
6月24日0時30分
静かに、本当に静かに空へと旅立ちました。15歳でした。

土曜日の朝はワタシにだっこされてほんの少しご飯を食べ
きちんとチッチをし、お昼にはシャワーで身体をきれいにし、
夕方にはわたしと両手で握手をして・・・
シェフが帰ってくるのを待って旅立ちました。
わたしたちが見守る中、眠るように息を引き取りました。
なんて親孝行な息子でしょう・・・

いっぱい病気をして大変な思いもしたけれど、
何度も奇跡的な復活をしてくれたロン。
今回も奇跡を祈ったけど・・・もう十分頑張ったもんね。

25日15時17分、お花いっぱいのベッドに寝んねして
お気に入りの爪とぎや煮干・かつおぶしを携えて荼毘にふされました。
自由な身体でいっぱい美味しいもの食べて、思う存分爪とぎしてね。
c0097558_7551754.jpg


ロンのいない部屋は本当にさびしくて、あんなに小さな体だったのに
私たちにとってこんなにも大きな存在だったんだなぁと改めて感じています。
12年間いっしょだったもんね。

アンディとの散歩から帰ってきたとき「ロン、ただいま~」って言っても
「にゃ~ぁ」って出迎えてくれるあなたがいない。
時間が経つほどさびしさがこみ上げます。
涙があふれます。

きっとアンディも寂しがってると思うよ。
お留守番中に大嫌いな雷がゴロゴロなっても
ロンがいないと一人っきりだもんね。
大丈夫かな。守ってあげてね。

c0097558_81688.jpg

c0097558_813122.jpg

c0097558_82775.jpg

一緒に行った九州や北海道、海や公園、楽しかったね
たくさんの思い出をありがとう・・・
これからもずっとずっといつもいつも一緒だよ。

最後になりましたが
今まで応援してださったみなさま、かわいがってくださったみなさま
本当にありがとうございました。
[PR]
<< 2007.6.30 2007.6.18 >>